CoPR
アルファ版より《赤の防御円/Circle of Protection: Red》

アメリカの現地時間8月24日、マジックフェスト・ラスベガス2019で行われたサイドイベント、オールドスクールチャンピオンシップ(Old School Championship)の優勝者のデッキリストと参加者によって撮られた試合中の写真に矛盾があると指摘され、優勝者の決めなおしが決定された。

オールドスクール構築とは1993-1994年の間に発売されたアルファ版からフォールン・エンパイアまでのカードプールでデッキを構築するフォーマットである。

当初の優勝者、Brian Weissman氏は公開されたデッキリストの写真(現在削除済み)には《赤の防御円/Circle of Protection: Red》が1枚のみ採用されていたようだが、Brian氏の対戦相手によって撮られた試合中の写真には戦場に《赤の防御円》が2枚置いてあることが指摘された。
これに対し、Brian氏は大会中は一貫して同じ75枚を使用し、Twitterに上がったデッキリストの写真は『テスト用』のリストを撮らせたため内容が異なり、トーナメントに使用したデッキリストと同じものを写真に出さなければいけないルールはないとTwitter上で主張した。
オールドスクールチャンピオンシップの参加にはデッキリストの提出は不要なため、Brian氏がイカサマを行ったのかどうかは不明となっている。

コミュニティの議論を呼ぶ中、イベント主催者ChannelFireballの公式Twitterから、トーナメントでX-1の結果で終了したプレイヤー全員を呼び戻し、優勝者を再度決めるとの発表があった。
また、Brian氏は混乱を招いたことに対し謝罪し、トロフィーと賞品を返却することを発表した。