mana
日本時間の7月1日、GPダラス・フォートワース2019を中継中のChannelFireballのTwitchチャンネルより、マジックフェスト・ラスベガス2019から配布が始まるプロモカードの《太陽の指輪/Sol Ring》が公開された。

ところが、redditTwitterなどでの一部コミュニティでは、《太陽の指輪》の情報公開より、カードの裏面の画像のほうを話題に挙げていた。

モニターに映し出されていたカードの裏面にあるカラーパイを表現する白・青・黒・赤・緑の5つの点に加えて、時計回りに青と黒の間に存在しない6つ目の『紫』の点が描かれていることが注目されたのである。

すぐさまコミュニティでは『まだ発表されていない次セット『Archery』のリーク情報だ』や『過去にあったようにマジックの第6の色として紫を登場させる案を実行するのだろう』などと憶測が飛び交ったが、ChannelFireball公式Twitterによって『リークではなく、スライドを作った時に使用した画像のミスだ。』と訂正された。

ちなみに、Googleなどの画像検索エンジンで英語で『MTG カード 裏面 (MTG Card Back)』と検索すると例のカード裏面と思われる画像が発見できる。

Cardback
どうやら例の裏面は画像共有サイト、DeviantArtに投稿したLordNyriox氏のファンメイドのカード裏面で、発表関係者は公式のカード裏面画像を持っておらず(もしくは使用せずに)、Google等の画像検索でインターネットから拾ってきたカード裏面画像をファンメイドとは知らずに公式発表に使用してしまったようである。