smotheringtithe
ラヴニカの献身より《息詰まる徴税/Smothering Tithe》

今シーズン、ミシックチャンピオンシップ(以下MC)バルセロナからMCQ優勝者への旅費はウィザーズ・オブ・ザ・コースト社からは支給されないこととなった。その結果として現在世界中で行われているMC予選の優勝者の中からは個人でMCバルセロナ(スペイン)への旅費を払う余裕がなく、寄付型クラウドファンディングサイト、GoFundMeにて旅費の資金調達をするプレイヤ―達が多数現れており、コミュニティでは話題になっている。
『MCバルセロナへ行くためにクラウドファンディングで資金調達している人達のことを考えている。その昔旅費が支給される前はプロツアーの招待を”蹴る”ことも珍しいことではなかった。その結果、一体何人の新人プレイヤーがプロツアーで見れなかったこととなったのだろう。』

『MTGのコミュニティの中でMC予選優勝者への旅費の支給停止のこととGoFundMeから資金調達をしている人たちの話が多く聞こえている。自分個人がWotCが旅費の支給をやめたことについての意見とは別に、私は夢を追いかける者達に共感する。』

MC予選優勝者の旅費は負担されるべきか

Twitterやredditなどではクラウドファンディングで旅費を調達するプレイヤーに対し、様々な意見が寄せられている。WotCが再度旅費を負担するべきという意見や、MC予選の主催者が集めた大会の参加費から旅費を賞品として出すべきだという意見から、旅費が払えないならそもそもMC予選に参加するべきではないという意見まである。

現在GoFundMeではアメリカ台湾スコットランドブラジル等、世界中の様々なMC予選優勝者が経費の都合上MCバルセロナへの挑戦のために募金を集めている者達がいる。マジック:ザ・ギャザリングがこれから全世界でeSportsとしての名を出していくのならば、幅広いプレイヤーを受けいれられる環境を整えるべきであり、才能あるプレイヤーを裕福さの理由で締め出すべきではないとの声が強いようだ。