Mpl

日本時間5月14日、Magic Esports公式TwitterアカウントがアメリカのGerry Thompson氏(ジェリー・トンプソン)が『マジック・プロリーグ(MPL)』を脱退したことを発表した。
彼のウェブサイト、The GAM PodcastではGerry氏が脱退した理由などが語られている。
TL;DR: I joined the Magic Pro League in the first place because it seemed easier to make a difference from the inside. I was wrong. The lack of transparency and unwillingness to listen to feedback continue to be huge issues.
『要約すると:元々MPLに加入した理由は、内部からなら物事を改善することができると思ったからだ。だが、それは間違っていた。(MPL側の)透明性の不足と意見を聞く耳を持たない姿勢が大きな問題となり続けた。』

MPLに難色を示すGerry氏

Gerry氏はサイトにてMPL加入からの六か月の出来事を大きくまとめている。

1)MPL契約の『交渉』はWotC側が一方的にMPLに『加入するか、しないか』の二択のみを聞かれ、意図的にMPLについての質問に回答しない姿勢を取り続けた。最初は断ろうと思ったが、とある人物から『内部からなら物事を改善することができるのではないか』と提案をもらい、物の試しでMPLに加入した。

2)ブートキャンプはよかったが、問題もあった。『配信のやり方』セミナーを公式で配信を始めた時期から一か月後に受け、日本人MPLメンバーは理由もないままレントン (ワシントン州)まで来るように強制されていた。情報のまとめ(配信ツールやPRトレーニングのフィードバック等)をメールで受け取ることになっていたが、最終的にメールが来るまで四か月待つことになり、トレーニングの意味がなくなった。

なお、2020年度のMPLの加入などの質問やデュオスタンスタンダードへのフィードバック等は無視されていた。

3)ミシックインビテーショナルは(フォーマットがデュオスタンスタンダードだった割には)成功だった。が、MCIIではカバレージの状態が今の現状に戻っていた。これだけが主な理由とは言わないが、Twitch視聴率が大きく下がった理由としては大きいと思われる。

4)コミュニケーションが不足している。MCIIIへのMCQやMPL関連などの情報発表から開催までのスパンが短すぎる。

5)この時点でお分かりだと思うが、『最高レベルのマジックプレイヤー』を代表する人選は徹底的には考えられてないようだ。

世界選手権18での抗議以降、MPLの加入から『正規のルート』で物事を改善できているのならばMPLに残ろうと思ったが、実際には得られるものがなかった。MPLを脱退する理由としては十分だと思う。

等と語っている。
The system is currently a mess and since it doesn’t look like it will be fixed any time soon, it’s not one that I’d currently like to participate in.
『MPLの体制は現状滅茶苦茶だ。改善の見込みがないようでは、現在参加しておく魅力もない。』

マジック・プロリーグのメンバー入れ替わり

先週の渡辺雄也氏のMPLの除名と今回の脱退から空いたMPLの二つの枠はオーストラリアのJessica Estephan氏とフィンランドのJanne Mikkonen氏が入れ替わる形となった。